資産形成:お金を貯める方法は、[お金持ちの方程式]を使うことです

スポンサーリンク
困った人
困った人

お金を貯めたいけどなかなかためられない・・・

このようなお悩みを解決します。

この記事でわかること
  • お金を貯める方法
  • 筆者が総資産6000万円以上を貯めた具体的な内容

★この記事を書いた人★

お金を貯めには、[お金持ちの方程式]に従い行動することが一番の近道です。

闇雲に行動してもお金は貯まりません。

[お金持ちの方程式]には3つの行動が求められており、それぞれを同時にバランスよくこなしていくことが必要です。

今回は筆者が総資産6000万円以上を貯めることができた方法、[お金持ちの方程式]についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

[お金持ちの方程式]とは

筆者が総資産6000万円を貯めることができた[お金持ちの方程式]とはこちらです。

[お金持ちの方程式] = (収入 – 支出) + (資産 × 運用利回り)

この方程式は、月々投資に回せるお金をできるだけ作り運用することでお金を貯めるということを意味しています。

ポイントは次の3つになります。

お金を貯める3つのポイント
  • 月々の収入を増やす
  • 月々の支出を減らす
  • 資産運用
f:id:Chicken_girl7:20210914104058p:plain
お金持ちの方程式

この[お金持ちの方程式]は本当にシンプルで、3つのことを実践すれば本当にお金が貯まっていきます。

少なくとも筆者はこの方法で6000万円まで貯めることができました。

それぞれについて解説していきます。

月々の収入を増やす

これは文字通り月々に入ってくる収入を増やすことを指すのですが、大事なことは”年収“ではなく”純利益”を増やす事です。

サラリーマンの方であれば年収ではなく税引き後手取りを、自営業の方であれば売上ではなく経費・税引き後の手取りを増やすことを指します。

今の時代、どんどん税金などが高くなる時代です。

収入を増やす、だけではなく税金など引かれるお金に着目することが今後大事になります。

月々の支出を減らす

こちらも文字通り月々の支出を減らすことを指します。

この先で説明する”資産でお金を増やす”は、「収入‐支出」がプラスにならない限り実行することができません。

また、今は収入が増えにくくさらに手取りが減らされていく時代です。

資産が少なく今後貯めていきたい方は、まず支出を減らす活動を本気で取り組むことが大事になります。

資産運用

資産運用こそ、お金を貯める1番大事なポイントです!

これはお金でお金を稼ぐという考え方になり、投資額が多ければ多いほど早く低リスクでお金を貯めることができます。

例えば、資産100万円と資産1000万円を毎年5%の利益で5年間運用した場合の例を見ていきましょう。

資産100万円の場合は5年後に28万円のプラスですが、資産1000万円は5年後に280万円のプラスになります。

投資でお金を増やすには投資額が多いほうが有利であることが分かりますね。

お金を貯めたいという方は、まず死ぬ気で投資資金を作ることが大切であることがこちらからも言えますね。

筆者の具体的な取り組み

ここからは筆者が実際に取り組んできたことについてご紹介していきます。

月々の収入を増やす

月々の収入を増やすについては、3つの取り組みを行いました。

  • 本業による収入
  • せどり
  • 節税

本業による収入

会社からの給料になります。

せどり

電子機器のせどりに取り組んでいます。

電子機器の商品は、在庫自体が小さくかつ仕入れから販売までの回転も速いのでお気に入りです。

節税

節税こそ会社員が取り組むべきものです。

節税できるポイントは7つほどあり、どれも確定申告をするだけで簡単にできます。

支出を減らす

支出を減らすについては、3つの取り組みを行いました。

  • 収支の見える化
  • 固定費を減らす

収支の見える化

収支の見える化はとても大事な取り組みです。

人間の心理は不思議なもので、ただ見るというだけで抑止効果が表れるものです。

筆者の本業は経営管理コンサルなのですが、[支出の見える化]だけで案件になるほど会社レベルでも重要視されている取り組みです。

細かくやる必要はありません、7~8割程度の事実が見えていれば十分です。

固定費を減らす

筆者の考える固定費は、家賃/家のローンや車関係だけでなく、分割払いやサブスクリプション系サービスも含みます。

筆者は費用対効果を基準に金額の大きい固定費を常に見直しています。

またサブスクリプション系サービスや分割払いは基本的には見送っています。

理由はモノの価値が分からなくなるからです。

サブスクリプション系サービスは最終的には総額が永遠に増え続け、総額に対する費用対効果が分からなくなります。

また月々の支払いも少額になるので、他のサービスや商品が購入できてしまい名目の分からない支出が増えてしまう原因にもなりますし、必要なくなった時にサービス解約も忘れがちです。

現在筆者が月々支払っているものといえば、マンションの修繕・管理費、子供の習い事、光熱・通信費程度です。

資産運用

資産運用については、3つの取り組みを行いました。

  • 不動産売買
  • 自社株積み立て
  • FX

不動産売買

不動産売買ですが、筆者は過去に不動産売買をしたことがあります。

これは収益のためだけに物件を売買したわけではないのですが、家を買う時にリセールを意識し実際値上がった時に売却した経緯があります。

実際6年ほどその家に住んだ結果、売却した時には丸々6年間ただで済んだ計算になり、かなりの資金を貯める事が出来ました。

自社株積み立て

自社株積み立ては、年間90万円のづつ自社株の積み立てを実施していました。

運がよかったこともあるのですが、日経平均も右肩上がりで上昇し続けてくれたため不動産売買に近い利益を得ることができました。

FX

みなさんに最初聞くと大損するイメージがあるようですが、実際はそんな事はありません。

筆者はFXこそ手法が確立されているマネーゲームでありきちんと勉強しトレーニングを積んでいけば勝てると考えています。

こちらは月々安定した金額を得ることができました。

まとめ

お金を貯めること(=資産形成)は、意識すれば誰でもできることです。

これから始めるという人は、支出を減らす取り組みから始めてみてくださいね。

ぜひ一度、[お金持ちの方程式]を利用してみてください♪

ノウハウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷりまブログ

  1. What’s up, its good post regarding media print, we all be aware of media is a fantastic source of data.

  2. Very shortly this site will be famous among all blogging
    viewers, due to it’s fastidious posts

  3. Hello, after reading this awesome post i am
    as well delighted to share my know-how here with mates.