初心者おすすめ銘柄はこれで決まり♪長期運用で賢く稼ごう!

スポンサーリンク
困った人
困った人

投資を始めたいけど何を買えばいいのかわからない・・

このようなお悩みを解決します。

この記事でわかること
  • 初心者におすすめ金融商品
  • 金融商品を選ぶ際のポイント

★この記事を書いた人★

投資を始めたいものの何に投資をすべきか悩むことはありませんか。

初心者が金融商品を購入するときに大事なことは、長期でみて値上がっているだけでなく商品購入に必要な手数料まで確認することです。

株はいつ上がり下がるか分かりませんので長期的に分割して購入しリスクを下げることが必要です。

今回は長期的に値上がり、かつ手数料など諸経費が格安な金融商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

金融商品購入時の検討ポイント

金融商品を購入する際には、必ずこちらの3点を確認する必要があります。

金融商品を購入する際に検討すべき点
  • 商品が長期的に値上がっているか
  • 各種手数料
  • 金融商品が継続するか

1つずつ確認していきます。

商品が長期的に値上がっているか

これは金融商品を購入する上でとても大事なポイントになってきます。

値上がるかどうかは、企業の株であればその会社の商品・サービスが優秀なものであることや経営が健全であるかなどの観点が挙げられると思います。

ETFなどの投信信託であれば、その金融商品にお金が集まっているか(その商品を購入する人・金額が多いか)の運用成績などを確認する必要があります。

このように金融相商品が値上がっているか否か確認できるポイントは商品によってありますので、確認をしてみてくださいね。

また信用売りをご検討の場合は、この限りではありませんのでご注意ください。

各種手数料

こちらも金融商品を購入する上では必ず検討しなければならないポイントです。

想定される手数料とは、「売買手数料」、「維持・管理費」の2つです。

売買手数料とは金融商品を購入または売却時に必要な手数料であり、証券会社や金融商品で変わってきます。

また投信信託商品に多いのが 「維持・管理費」 です。

これはその金融商品を保持しているだけで必ず運用会社が毎年数%徴収しています。

もしこの 「維持・管理費」が年5%であったとすると、その金融商品が毎年5%以上値上がっていないとあなたの資産がマイナスになってしまいます。

すでに投信信託をご購入されている方は一度確認してみてくださいね。

金融商品が継続するか

こちらはお持ちの金融商品が途中でなくならないかどうかを確認することです。

例えばある企業の株を購入する場合ですと、その企業が倒産してしまいましたら株の価値は0円になってしまい投資した金額を失ってしまいます。

投信信託ですと、その金融商品が継続するかを判断する必要があります。

おすすめ金融商品

2021.10.22時点で筆者が一番おすすめ金融商品は「e MAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

この商品はアメリカのS&P500に連動したインデックス投信信託商品であり、選定した理由はこちらの3点です。

S&P500(米国株のETF)の価格は過去150年以上ずっと右肩上がり

S&P500のチャート

まずはこの図はS&P500における150年の株価推移をご覧ください。

S&P500とは、米国(=アメリカ)株のETFであり、アメリカで有名な企業 : GoogleやFacebookなど500社をピックアップした[時価総額加重平均]です。

[時価総額加重平均]とは少し難しいですので説明は割愛しますが、アメリカで有名な企業500社における平均株価の推移ととらえて問題ありません。

アメリカ株は途中に大きな不況(=株価が下がっているタイミング)があるものの、過去150年以上ずっと右肩上がりであり、なんと2021.10.22時点で4549.78まで上昇し続けています。

さらにアメリカは現在人口が増え続けている国です。

これらの事実だけでも、アメリカの企業は今後も成長し続ける期待がもてますね。

手数料が業界最安値基準

金融商品を購入する際には売買手数料や管理費を確認する必要があるとお話してきました。

「e MAXIS Slim 米国株式(S&P500)」 は売買手数料が0円である商品です。

さらにその管理費も0.0968%と業界最安値基準の商品の1つです。

ぷりま
ぷりま

売買手数料=0円のことを”ノーロード”っていうよ~♪

純資産が増え続けている金融商品

投信信託はその商品の純資産で商品が継続するかなくなってしまうのか判断ができます。

純資産が右肩あがり、少なくとも同等の金額が維持できていればなくなる可能性はグッと低くなります。

反対に右肩下がり、減少傾向が続くようでしたらその商品は近いうちになくなる可能性が高くなります。

「e MAXIS Slim 米国株式(S&P500)」 の純資産はグッと右肩上がりの商品ですので、この先なくなる可能性はほとんどないと筆者は考えています。

まとめ

今回は金融商品の選定方法およびおすすめ商品をご紹介してきました。

今回紹介したような金融商品をドルコスト平均法で長期的に積み立てていく手法が一番リスクが低いですので、ぜひ一度シミュレーションしてみてくださいね。

ノウハウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷりまブログ